プロフィール

やねうらねこ

Author:やねうらねこ
やねうら的なところに棲んでいます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佳作(来嶋靖生 選)

 手のかうでひたひの汗を拭ふとき風が葉擦れの音はこびくる


佳作(米川千嘉子 選)

 とりおきし手紙の終はりゆらぎゐる炎のなかで反りかへる過去

スポンサーサイト
呼ばれても視線はづして口を閉じ意地はりとほす底冷えの夜
家人には傍若無人その父が素直に「はい!」とナースに言へり

知らんぷりして父逝きぬ過去帳はま白のままでわれもまつ白

法事などすつぽかしては釣りに行く逃亡癖持つあの頃の父

左手の人差し指に触れてくる父のやうなる右の指さき

更衣の冷えこむ朝も温かし父の形見のコート羽織れば
書き記しゆく文字の列 なだらかにくだる日常ふふみてをりぬ
明滅をくりかへしゐる寒燈に焼かれて影の動きがとまる

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。