プロフィール

やねうらねこ

Author:やねうらねこ
やねうら的なところに棲んでいます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まぐれ短歌

受付の前からひとの列伸びてたどりゆくなり花冷えの夜

スポンサーサイト
220330_楠本の桜2
散るさくら留まるさくら惜別の風にさらはれさうな人影
220319_ダムサイトの桜(一分)3
うららかな春のひかりを浴びてゐるふくらむ蕾つぼみのさくら
201115_ろうそく2
問ふ君の揺るるまなざし受けとめてただひとつだけ明かり灯せり
210622_ささゆり3
遠花火音だけ響く星闇に迷ひをのせて揺らぎゐる舟
傾きて朽ちゆく楡の木下闇 精霊たちの影溶かしゆく
メモ書きをしるし記憶を解き放つ転勤まへのオフィスの窓に
片仮名はジョークのようでも極東にパピプペテポドン緊張走る
境内を摺りあしにゆく橋姫の眉間の怒気を炎が照らす
佳作(香川ヒサ 選)

 昼月の見てゐる真昼 影のなき地表にわれはさらけ出されて
吹き上ぐる早緑の風に羽ばたけるツバメ青空とほき日の夢

「ミシガン」といふ名の外輪船にゆく靄る湖水の静もるなかを
佳作(三枝浩樹 選)

 ファランドール絵本のあはひ 子らはこの二間に育ち巣立ちゆきけり
ローソクの火は瞬けり火祭りの残留思念よみがへらせて
突き抜けてゆくしかないかもやもやをマグマ溜まりの上の天国

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。